ガイドメニュー

【現場から】新市民会館建築工事の風景をお届け。

2020.6.24 水曜日

こんにちは。

株式会社葵建設工業 広報担当 岡本です。

昨日に引き続き、本日も、4月からスタートした

新市民会館の施工風景をお届けします。

(本日アップする写真は、5月中の工事風景です。)

 

今日は、弊社からこの工事に参加している社員の紹介を少し。

 

 

 

 

今回の市民会館の工事は、5社の共同企業体

(ジョイントベンチャー/略してJV)で進んでおります。

弊社からは、20代の若手社員を送り込みました。

 

それは、未来を見据えてのこと。

 

その彼は、とても前向きで難問に直面した時こそ、

スピーディーに考え方を切り替えられるのが最大の持ち味。

その彼はいつも言います。

「悩んでたって、しょうがない」

「悩んでるくらいなら、できることをやった方がいい」

 

 

5月末に、会社帰りに新市民会館建築現場の側を

歩いていると、偶然、現場から出てきた彼と出くわして、

ほんの束の間、言葉を交わしました。

 

新市民会館の建設現場と、弊社。

こんなに近くで働いているのに、久しぶりに声を聴きました。

「どう?もう慣れた?」

「最初の1か月は、新入社員に戻ったかのようでしたよ」

 

JVの子供として現場に入った時の覚えることの多さ、

現場のスピード感、規模の大きさ、

どれをとっても、これまで経験してきた現場とは違う、

ということが彼の言葉から伝わってきました。

 

 

この長い工期の中で、彼の前に数々の試練が

訪れるかもしれません。

少し心配な気持ちを抑えて、「がんばってね!」。

でてくるのは、その一言のみ。

 

若い彼の頑張っている姿に、こちらも元気と勇気を

もらった、束の間の対話でした。

 

彼のこれからの成長がとても楽しみです。

 

 

 


 

 

工事件名:水戸市新市民会館等施設建築物新築工事

工事場所:水戸市泉町

建築主 :泉町1丁目北地区市街地再開発組合

設計監理:伊東豊雄建築設計事務所・横須賀満夫建築設計事務所共同企業体

施 工 :竹中・株木・鈴木良・葵・関根  特定JV

工 期 :2020/4/1~2022/10/31

構造規模:RC造、一部鉄骨造、木造

地下2階、地上4階、塔屋3階

【現場から】新水戸市民会館の建設が始まりました。

2020.6.23 火曜日

こんにちは。

株式会社葵建設工業 広報担当 岡本です。

気づけば、6月も後半。

曇り空に、紫陽花が映える季節ですね。

 

さて、少し遅くなりましたが、

本日は、当社も参加させて頂いている、

水戸市新市民会館の建設風景を皆さまにお届けいたします。

(※今回お届けする写真は、4月中の工事風景です。)

 

以前は水戸市役所のそばにあった市民会館が

東日本大震災でダメージを受け、早9年。

この度、水戸市泉町(水戸京成百貨店と水戸芸術館の間)に

場所を移しての建築がスタートしております。

昨年から建築する敷地にあった既存の建物の解体工事が進み、

4月より建設工事がスタートして約2カ月が経過いたしました。

 

移設のきっかけは東日本大震災でしたが、

建築工事の始まりもまた、私たちが経験したことのない

コロナウィルスという新たな災害の最中のスタートと

なりました。

 

 

 

水戸京成百貨店と水戸芸術館に挟まれて、

地盤改良工事からスタート。

水戸京成百貨店側から芸術館がこんな風に見えるのは、

今だけの光景ですね。

 

 

 

水戸芸術館側からドローンで撮影した写真を見ると、

その大きさがわかります。

 

水戸市のシンボルタワーのある水戸芸術館。

その向かいに新市民会館。

水戸の街中に、日本を代表する設計事務所が設計する建物が

こんな形で寄り添うことになるなんて、

水戸芸術館ができた約30年前に、誰が想像したでしょうか。

 

市民会館建設の背景には、

「多様な人々の交流と多彩な文化が織りなす、

ひと・まちが輝くステージ」の実現を目指して、

施設建物と公共空間が一体的に調和した

水戸市の新たなランドマークを、という夢があります。

 

2年後の秋に竣工する際、2つの大きな災害の波を

くぐり抜けてきたシンボル的な新市民会館が

街の真ん中に腰を下ろすことに、

何か、大きな意味を実感するのかもしれません。

 

(設計・提供:伊東豊雄建築設計事務所・横須賀満夫建築設計事務所共同企業体)

 

コロナ疲れという言葉も聞こえる昨今。

私たちの生活に、気ままに訪れられる憩いの場や、

息抜きができるエンターテインメントの存在は不可欠だ、

と気づく人も多いのでは。

私たちの中に当たり前にあったものが無くなって

初めてその存在の大きさに気づかされます。

 

新市民会館のこけら落としのコンサートは、

どんなアーティストが来るんだろう。

今はそんなことをイメージして楽しみながら、

街並みが未来にむけて、すこしづつ歩み出す風景を

この場を借りて、少しづつお伝えしていければと思います。

 

早く心おきなく街に足を延ばせることを祈りつつ。

 

 

 

—————————————————————————–

 

 

工事件名:水戸市新市民会館等施設建築物新築工事

工事場所:水戸市泉町

建築主 :泉町1丁目北地区市街地再開発組合

設計監理:伊東豊雄建築設計事務所・横須賀満夫建築設計事務所共同企業体

施 工 :竹中・株木・鈴木良・葵・関根  特定JV

工 期 :2020/4/1~2022/10/31

構造規模:RC造、一部鉄骨造、木造

地下2階、地上4階、塔屋3階

【コラム】アオイ日和 -5 月-

2020.5.8 金曜日

こんにちは。

風薫る5月。

新緑や、草木の花が、

まぶしいくらいに咲き誇っている

季節ですね。

 

いたるところで、かわいらしい花、

凛とした花たちが日常に色を添えています。

お互いの鮮やかさを引き立てるように、

新緑の葉っぱも、きれいなこと。

そこを伝わる風もまた、さわやか。

 

今年の連休は、名ばかり連休、などと言われ、

コロナウィルスで、自粛、自粛の毎日に

閉塞感を覚え、少し、お疲れ気味の方も

多いのではないでしょうか。

 

皆さまは、今の時期、おうち時間を

どのように過ごされていますか??

 

私は、この季節になると、

新緑とお花たちをもっと楽しみたいと、

庭の草木を摘んで、アレンジをして

玄関やお部屋に飾って家の中でも

草木花を楽しんでしまいます。

 

お部屋にいながら、

緑に包まれた生活、は憧れでもあります。

 

 

もう一つ、思い出したように

やっているのが、

アロマスプレーを使った拭き掃除。

 

きっかけは、コロナウィルスで

毎日毎日、手の消毒をして

手がガサガサになったこと。

少しでも手に潤いを、自然由来のもので、

と、数年前にアロマの先生に習った、

除菌スプレーを思い出し、

手と、拭き掃除用に作ってみました。

 

(今はちょっと手に入りにくいですが)

エタノールとに殺菌効果の高い、

ユーカリやティートゥリー、レモンなどの

精油をブレンドして、精製水を加えたら

出来上がりです。

 

空気の除菌はもちろん、

拭き掃除の際に、雑巾にシュシュッと

スプレーして、床をふくと、

本当にさっぱり。

さわやかな香りで、心までスッキリと

してしまうのです!

 

アロマの香りは、嗅覚から直接脳に刺激

が伝わるので、気分転換したい時には

お勧めです。

私のアロマスプレーには、

ほかにも、ゼラニウムやラベンダーも

1滴ずつ垂らしています。

リラックス効果も取り入れてしまおうと、

よくばりな癖がつい・・。

 

(当社施工例  /  みすず薬局五軒町店)

 

今のような有事の時には、

本当に昔からの知恵というものに、

助けられるな。。。

といつもいつも実感させられます。

 

アロマは古代エジプト時代から

使われていたといわれています。

先人の知恵を大切に、それにあやかりながら

日々を過ごしております。

 

皆さまは、風薫る、鮮やかな色彩が

ちりばめられた5月を、

どのように、お家時間にとりこんで

おりますか?

 

 

——————————————————————–

5月より、アオイ日和、という名前で、

季節やその時の私たちの日常で日々感じることを、

こちらの場を借りて、発信させて頂くことに

いたしました。

 

手探りでのスタートですが、

何かしら、皆さまに、当社や建築の

情報を発信していけたらと、思っております。

———————————————————————–

 

2020年12月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031