ガイドメニュー

当社の活動・お知らせ

【取材日記】ただ今、風まち中。

2020.10.28 水曜日

皆さん、こんにちは。

葵建設、広報の岡本です。

 

今回はただいま弊社の近所で進んでいる、

水戸芸術館改修工事の取材から。

10月に入って、サッシ改修工事が始まりました。

取材に訪れた日は、芸術館の北側のサッシ交換のため、

大きな窓を一旦、全部取り外している最中。

(取り外した窓は、弊社の機材センターに一時保管)

 

今回、このガラス工事を請け負っているのは永井ガラスさん。

弊社もずっとお世話になっている水戸の老舗店。

 

 

こんなにたくさんの大きなガラスを取り外す場面を

終始、見学するのは初めてでしたが、

さすが、専門の職人さんたち。

声がけしながら次々に重たい大板ガラス(1枚 約150kg)

がトラックの荷台に重ねられていきます。

 

こんなに大きくて重たく、しかも、衝撃を与えると

割れてしまう物を、スムーズに運ぶ永井ガラスさんの

連携の良さは圧巻。

 

 

作業が進む中、それをすぐ側で見ていると、

声がけの内容や表情、目線から

現場の緊張感と迫力が伝わってきます。

ガラスに傷をつけたり、割れないように

色々なところに神経を配りながらの作業です。

やはり、現場は安全第一、

と言われている意味が理解できます。

 

 

下の写真は、ガラスを運びだしている最中、

強い風が吹いてきて、風が止むのを待っているところ。

 

 

そっか、大板のガラスは、風すらも作業の妨げになるのか。

言葉にして説明されると、当然、気付けますが、

現場に行って初めてハッと気づかされることが、

あちらこちらにあるのが、建築の現場。

 

だから、現場はおもしろい。

 

どんなにIT技術やAI化の波が加速しても、

やっぱり最後は「ヒト」。

現場の人たちは常に頭と身体、そして五感と心を

フルに使ってモノづくりをしている。

目に見えるモノだけを見ていてはダメ。

いつも現場に足を踏み入れると、そんな刺激をもらいます。

 

 

ガラスを取り外して運ぶ横では、その外側に仮囲いを

するために、仮設工事屋さんが作業を。

それぞれの工種の作業進捗を見ながら、

それぞれの作業がスムーズに進むように、

現場監督もあっちに注意を向けたり、

こっちに注意をむけたり、同時に通行する人や車にも

気を配っている姿が。それもまた、連携。

 

(現場を訪問すると、現場の勝手がわからない私にも

気を配らせてしまって、いつも申し訳ない思いです・・)

 

(写真中央の黒いベスト姿の人物が、弊社の現場監督です)

 

今回、永井ガラスさんの社長さんとお電話でお話した際、

「ガラスは、夜には街に彩りを放つ役割がある」

という言葉をうかがって、

会社から見える水戸の夜景の見え方が、少し変わったり。

そんな秋の取材でした。

 

 

(2020年10月16日の水戸芸術館改修工事の現場より)

 

【現場から】寄りの目線と引きの目線。

2020.8.18 火曜日

 

こんにちは、株式会社葵建設工業、広報担当岡本です。

過酷な暑さが続いておりますが、酷暑に負けていませんか?

今月も、先月1か月の新市民会館の工事風景をお届けします。

 

 

7月の新市民会館新築工事の現場は、梅雨の晴れ間が少なく、

工程・工種の調整が多かった様です。

長かった梅雨があけて、解体工区の地下に水たまりがない

底版をみて、久しぶりに心も晴れた、と弊社の担当者も

言っております。(下の2枚の写真を見ても一目瞭然!

空の色が変わりました!)

 

 

 

ところで皆さま、突然ですが、下の2枚の空撮写真、

新市民会館の工事風景ですが、どこが違うでしょうか??

 

 

 

 

ぱっと見ではわかりづらいかもしれませんが、よく見ると、

コンクリートの打設が進んでいたり、少しづつ違う部分が

あることにお気づきになりますよね。

それもそのはず、この2枚は、7月の上旬(上の写真)と、

8月上旬(下の写真)に撮影した現場の写真です。

その間1か月、工程が進み、違いがあって当たり前なんです。

 

現場の進捗状況は、近くで見ていると(寄りの目線)

下の写真のように同じ部分でも工程が少しづつ着々と

進んでいることがわかるのですが、

遠くから捉えると(引きの目線)、何がどう進んでいるか、

現場担当者以外から見たら、ちょっと把握しづらい。

(逆に俯瞰した方がわかりやすいパターンも多いのですが)

 

( レベルコンクリート打設 )

 

( 基礎型枠工事中 )

 

 

経験豊富な施工管理者達は、この寄りの目線と引きの目線を

上手く使い分けているな、と日ごろから感じることが多い

のですが、この2つの目線って、

「社員の成長」と「組織全体の成長」にも通じているな、

と最近、感じています。

 

先日、当社からこの工事に参加している担当者から、

こんな言葉が届きました。

 

『今、大事だと感じているのは、緻密に組んだ工程計画。

それがなければ、工事が順調に進んでいかない。

大きな工事では工程や各工種担当者の人数も多いので、

施工管理者側が先(2週間先)を見据えて各工種担当者達と

調整していくことが大切だと日々感じています』

 

また、『事前に自分の中できちんと理解した上で、計画段階

で業者と密に打ち合わせをし、工程・工法をきちんと

指示・管理できなければ施工管理の仕事が務まらない』

 

 

こんな風に日々成長している彼の様子は、常に間近で見て

いれば気づけるかもしれませんが、社内にいる社員には、

なかなか見えづらい。

 

なので、時に、相手の仕事に関心をもって対話をすることが

意味をなす。その対話で『若手社員の成長に気づき、それを

本人と周囲に伝える』。それだけでも自己成長感や貢献感に

やりがいを見出し、自ら更なる成長を遂げる若手社員も

多かったり。その成長がゆくゆくはお客様にプラスになる。

 

社員の成長や課題は、自社の成長や課題にも繋がる、

ということですよね。 それを知っている弊社の社長は、

「経営は、イコール人財育成だ」といいます。

 

 

 

所詮、1人でできる仕事なんてないので、自分1人の力で

成長した(と思いたくもなりますが!)と思うのは、

私達の勘違いの場合が多い。

仕事も自分の成長も、必ず誰かに助けられて成立している。

歳を重ねて、この目線は忘れずにいたいと感じます。

 

新市民会館の現場工期は、残り約26か月(約2年間)。

毎月、弊社の担当者がこの現場で、最低でも3つ、

新たなことに気づき、実践し、習慣化できたなら、

単純計算でこの現場で、彼が得る成長機会は78回!?

 

自分の中の経験不足感を感じた時こそ、人は成長のチャンス。

この現場が終わって、彼がいずれ「大きな引きの引きの目線」

にシフトする時がくるはず。その時を楽しみにしています。

 

少し長くなりましたが。。暑い日もまだまだ続きそうなので、

皆さま、体調を崩さないよう、ご自愛ください。

 

 

 

——————————————————————————————

工事件名:水戸市新市民会館等施設建築物新築工事
工事場所:水戸市泉町1丁目7番地内
建 築 主:泉町1丁目北地区市街地再開発組合
設計監理:伊東豊雄建築設計事務所・横須賀満夫建築設計共同企業体
施 工 :竹中・株木・鈴木良・葵・関根 特定建設工事共同企業体
工 期 :2020/4/1~2022/10/31
構造規模:RC造、一部鉄骨造、木造
地下2階、地上4階、

建築面積:6,952.37㎡

延床面積:23,169.58㎡

—————————————————————————————–

【現場から/新市民会館】臨機応変な仕事人たち!

2020.7.4 土曜日

こんにちは。

株式会社葵建設工業 広報 岡本です。

あっという間に、7月に入り、梅雨も終盤。

西日本では大雨の被害がでており、心配ですね。

 

ニュースの映像を見ながら、弊社がある水戸でも

昨年9月の台風で、大きな被害が出てショックを

受けたことを思い出します。

 

コロナ禍の生活に加えて、これからの季節は、

雨風から自分の身の安全と、建物を守る意識も

もっていきたいところですね。

 

さて、本日も、新市民会館新築工事の先月分(6月)の

工事進捗状況をお届けします。

 

6月中は、主に、地下工事や地下の解体工事が進行しております。

 

最初の写真は、新市民会館の西側のゲート付近からの風景です。

(水戸京成側から水戸芸術館側に抜ける道路側)

元々、この敷地にあった旧水戸京成百貨店の建物の解体工事が

進み、こちら側から、水戸芸術館正面の3本のケヤキの木と

建屋とタワーが足元から見えていますね。

 

 

(構台基礎工事)

 

新市民会館の工事がもう少し進んで、上棟したら、

また違う風景に移り行くので、

本当に、これは今だけの風景だな、

と近くを通る度にしみじみと眺めてしまいます。

 

建築の仕事は、街の風景をも変えていくもの、

と実感します。

 

そして、長雨が続きで晴れ間の写真は、次の写真1枚だけ。

今の季節も手伝って、工程や計画が天候に左右されてしまう

ことが多いのは、仕事場が屋外という建設業ならではのこと。

 

(構台基礎工事)

 

 

(地中障害撤去  杭引き抜き)

 

街中の再開発地区の工事ということもあり、

地盤改良中に、地中を掘削していたら

想定外のものが出てくる、という事態も今回はあるようです。

 

 

(地下解体工事)

 

いずれにしても、天候を含め、想定外の事態に臨機応変に対応して

しっかりと工事を進めてしまうスキルが、現場を指揮する

施工管理者達のマネジメント力のすごさだと痛感します。

 

梅雨明けまでもう少し。

どんよりと蒸し暑い天気が続く中、現場では、

そろそろ熱中症にも注意をしなくてはいけない季節になってきました。

現場の作業にあたるスタッフたちの暑さとの闘いが始まります!

 

——————————————————————————————

工事件名:水戸市新市民会館等施設建築物新築工事
工事場所:水戸市泉町1丁目7番地内
建 築 主:泉町1丁目北地区市街地再開発組合
設計監理:伊東豊雄建築設計事務所・横須賀満夫建築設計共同企業体
施 工 :竹中・株木・鈴木良・葵・関根特定建設工事共同企業体
工 期 :2020/4/1~2022/10/31
構造規模:RC造、一部鉄骨造、木造
地下2階、地上4階

 

 

 

2021年1月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031