ガイドメニュー

常陸太田市K邸

●構造・規模 / RC造木造軸組 2階建 ●延床面積 / 157.34㎡ ●住所 / 常陸太田市
●担当者 / 齋藤宣宏 ●設計事務所 / ㈱空間計画提案室 ●建築家 / 鈴木恵介

基礎工事進捗状況

2013.3.11 月曜日

こんにちは。

今回は、基礎工事の進捗状況をお知らせします。

IMG_0414.jpg

上の写真は基礎及び擁壁のコンクリートの完成写真です。

そして、次の写真は擁壁の裏側の埋め戻しの状況です。

IMG_0437.jpg

ランマー(土を突き固める機械)を使用しながら、徐々に土を入れていきます。

突き刺さっている板のようなものは、鉄板です。鉄板と擁壁の間には水を浸透させる為に

砕石を入れます。

ある程度の高さになったら、鉄板を引き抜きます。

次回は、2階部分の基礎工事をアップします。

擁壁打継部止水材処理

2013.2.9 土曜日

タイトルが全て漢字。日本語?

冗談はこのくらいにして、擁壁の打ち継ぎ部に止水材の処理を施しました。CIMG1505.JPG

コンクリートを打ち継ぐと隙間が出来やすくなってしまいます。

これが水の通り道になって内部に水が入ってしまうことがあります。

それを防ぐのがこの止水材です。

止水材は水に反応して膨張する性質を持っています。水が浸入すると

膨張して水を止めます。

また、この止水材はベントナイトを主成分にしていますので、半永久的に性能劣化が

ありません。

この現場では、擁壁の打ち継ぎ部に隙間なく施工しました。

基礎工事つづき

2013.2.2 土曜日

こんにちは。

前回に引き続き、基礎工事の進捗をお知らせします。

CIMG1449.JPG

基礎配筋、兼擁壁配筋の状況です。

下の写真は耐圧版のコンクリートを打設した後の写真です。

鉄筋がダブルで組んである所が擁壁になります。

CIMG1511.JPGのサムネール画像上の写真で鉄筋に白い丸いものが付いていますよね。これが何だか分かりますか?

かぶり厚さ(コンクリート外面と鉄筋の間の寸法)を取るためのものです。

これが無いと鉄筋が傾いたりして、かぶり厚さが取れなくなってしまいます。

かぶり厚さが無いと鉄筋が錆びてしまう事もあるんですよ。

もちろんこの物件はかぶり厚さ合格です。

 

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031