ガイドメニュー

笠間市K邸

●構造・規模 / 木造2階建 ●延床面積 / 102.67㎡ ●住所 / 笠間市
●担当者 / 磯淳一 ●設計事務所 / 宇津建築設計事務所 ●建築家 / 宇津義和

塗装の状況

2012.4.12 Thursday

先週の続きを紹介します。

まずは、材料の写真です。

粘土塗料.JPG

一番右の容器が自然粘土塗料です。

左と真中は、下地処理に使用したパテです。

 

塗装1.JPG

下塗りの状態です。

柱等の木部を汚してしまわないように、

ビニールで覆って、養生をして塗装をします。

 

塗装 仕上.JPG

仕上塗りを行って、養生を剥がしました。

とても綺麗に仕上りました。

 

続けて、木部の塗料材を紹介します。

木塗装 材料.JPG

 

判りづらいかもしれませんが、

この材料も以前に紹介した 『F☆☆☆☆』の材料です。

塗料缶の上にある、エッジャーという道具を使って塗りました。

木塗装 近影.JPG

 

木部塗装の仕上り具合は、後日紹介します。

  • |笠間市k邸
  • |posted by aoi
  • |16:19|

塗装の下処理

2012.4. 4 Wednesday

壁・天井とも、自然粘土塗料で塗装し仕上ます。

仕上げるにあたって、下地処理を行います。

石膏ボードの継ぎ目に寒冷紗というガーゼ状のものを貼り、パテをしごきます。

これは、ボードの継ぎ目がひび割れるのを防ぐ為の処理です。

パテ処理.JPG

見えるでしょうか?

また、ボードを留めるビスの部分にも丁寧にハパテ処理をします。

パテ処理ズーム.JPG

 

寒冷紗貼り、ビスパテ、どちらも仕上りが平滑にする為の下処理です。

 

 

  • |笠間市K邸
  • |posted by aoi
  • |20:33|
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30