ガイドメニュー

やわらかな「水戸のあかり」が灯りました。

2019.11.5 火曜日

 

こんにちは。葵建設工業です。

 

先日のハロウィンは、水戸駅南口に仮装した若者達が

たくさん集って、賑わっていましたね。

 

当社では同じ日に、水戸駅北口のペデストリアンデッキで

今夏に完成した「お休み処」に「水府提灯」の取付作業を

行わせていただきました。

 

1-IMG_5926

2-IMG_5929

 

水戸では今、水戸の歴史的資源の弘道館や,

復元工事中の大手門・二の丸隅櫓、水戸学の道などと、

水戸駅北口にできた「お休み処」を歴史的な景観でつなぐ

事業が進行中。

この水府提灯の設置も、当社が参加する

水戸市中心市街地活性化協議会が提案するプロジェクト。

 

日本三大提灯の産地でもある水戸。

 

江戸時代から100年以上も続く水戸の伝統工芸の

一つがこの「水府提灯」です。

 

数年前から、水戸市中心市街地活性化協議会を中心に

こんな素敵な「灯(あかり)」をもっと水戸に、

という声があがり、ようやく形になりました。

 

 

IMG_5934

(写真中央の弊社の営業部長は身長172cm。)

 

 

提灯の大きさは、二尺五寸!(高さ120cm、直径75cm程。)

約3.8mの高さに吊るしても、ご覧の通り、存在感があります。

水戸駅北口をでたら、葵のご紋が入ったこの提灯が

お出迎えいたします。

 

 

実はこの提灯、8月に一度お披露目したのですが、

度重なる台風の到来で、安全のため、しばらく撤去して

おりました。台風シーズンの終焉とともに、復活です。

 

 

夜になると、お仕事や学校帰りの方々が寛ぐ「お休み処」を

温かなひかりで包んでくれています。

 

 

4-IMG_3640

 

 

余談ですが、自然界の動きがあるもの=「揺らぎ」を見たり

感じることは、とてもリラックス効果があるらしいですよ。

(脳や腸がほっとして、副交感神経がアップするそう。)

 

 

今年の秋は度重なる台風や豪雨でなかなか秋晴れが続かず、

その被害に心を痛め、疲れている方も多いのでは。

気づけば晩秋ですが、まだ、うろこ雲を見ていない気が・・。

 

 

お家で温かいお茶の香りやお風呂の湯気に

ホッと一息つくように、

明日の帰り道は、外で秋の夜風を感じながら、

水府提灯をボーっと眺めて、水戸のやわらかな灯に

癒されてみてはいかがでしょうか。

 

ときおりゆらぐ提灯のあかりも、粋ですよ。

 

 

5-IMG_3641

 

 

 

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031