ガイドメニュー

水戸市A店

●構造・規模/木造平屋建 ●延床面積/110.55㎡ ●住所/水戸市
●担当者/齋藤宣宏 ●設計事務所/space fabric一級建築士事務所 ●建築家/東信洋

水戸市A店外構工事

2014.4.8 火曜日

水戸市A店では外構工事もスタートしました。

駐車場、アプローチ、門扉、ブロック塀等いろいろありますが、

今回は地味です。既存ブロック解体後の基礎のアンカー施工の紹介です。

すでにあるコンクリートに鉄筋を固定する工事で、後施工(あとせこう)アンカーといいます。

今回使用するのはこちら↓

CIMG4115

コンクリートに鉄筋を固定する為の薬剤です。

↓まず鉄筋を差込む為の穴をあけます。

CIMG4111

↓次に掃除

CIMG4112

↓ワイヤーブラシも使用して掃除

CIMG4113

その後、薬剤を入れて、鉄筋を打ち込んで薬剤の容器が割れたのを確認し、2~3回手で回せば完了です。

(薬剤投入の写真を撮り忘れたので、その写真はありません。すみませんm(__)m)

CIMG4117

↑完了。1~2時間で硬化します。

※長期許容引張り強度は7.05kN(710kgf)です。(メーカーカタログ値)

 

水戸市A店土間モルタル

2014.4.3 木曜日

水戸市A店です。

土間のモルタルを打設するために、内部足場を一時解体しました。

↓はモルタルを打設する直前の写真です。

CIMG4044

床に一定間隔で何かありますね。何だと思いますか?

これは前日に施工したモルタルです。

このモルタルは高さを正確に測っているので全面にモルタルを流し込む際の

目印になります。

これで精度の高い土間が施工できます。

CIMG4046

外壁通気工法

2014.3.24 月曜日

今ではやって当然の外壁通気工法の紹介です。

外壁通気工法とは壁内部に通気層をとることにより、壁内部の湿気を外部に排出するものです。

これによって建物の耐久性が向上します。

↓今回の現場も施工しています。

CIMG4001

CIMG4002

木材に半円の欠き込みがありますよね。ここを空気が通っていきます。

今回は外壁と同じく屋根も通気層をとっています。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728