ガイドメニュー

常陸太田市K邸

●構造・規模 / RC造木造軸組 2階建 ●延床面積 / 157.34㎡ ●住所 / 常陸太田市
●担当者 / 齋藤宣宏 ●設計事務所 / ㈱空間計画提案室 ●建築家 / 鈴木恵介

外部足場解体

2013.6.24 月曜日

天気にも恵まれ?外部足場を予定通り解体しました。

下の写真は南側から撮ったものです。

デッキの手摺にもなっているルーバー。こちらはレッドシーダーを使用していますが、

無垢の木材ですので、少なからず各々反りがあります。

大工さんの腕の見せ所?でしたが、写真でも分かる通り、精度良く仕上げることが出来ました。

CIMG2408.JPG

下は内部の写真になります。袖壁がアクセントになっています。

これはお施主様に選んでいただいたものです。

CIMG2370.JPG

もうすぐ竣工です。

竣工は嬉しいものですが、もう終わりだと思うと、なんだか少し寂しい気持ちになります。

次回は竣工写真載せますね。

カラ梅雨のおかげ

2013.6.11 火曜日

みなさんこんにちは。

常陸太田市K邸の工事も佳境に入ってきました。

外部では吹付塗装工事が終わりました。

CIMG2360.JPG

CIMG2281.JPG

この後は、外部の電気・設備機器取付とクリーニングを行い、

お施主様及び設計事務所の検査が終われば足場解体となります。

CIMG2306.JPG

内部もクロス工事がほぼ完了しました。廊下の壁・天井は白色のクロス。

アクセントとして色柄のあるクロスを使用している部屋もあります。

後日、載せますので、お楽しみに。

順調に進んでいます

2013.5.22 水曜日

常陸太田市K邸の現場の状況をお伝えします。

それでは、外壁左官工事を見ていただきましょう。

CIMG1979.JPG

上記の写真は前回の木下地(木摺り)の上にアスファルトフェルトという防水紙を

貼り、その上に波ラスという金網を貼っています。

アスファルトフェルトは内部の木下地を傷めない為に貼り、波ラスはモルタルを

塗る為の下地として貼ります。

波ラスを貼る理由は皆さん何となくお分かりかと思いますが、モルタルの食いつきを

良くする為です。これが無いとモルタルが剥離・剥落してしまいます。

もちろんこの作業はモルタルを塗る部分に隙間無く施工していきます。

CIMG1988.JPG

上の写真はモルタルの下塗りが完了した写真です。

全体にクシ目をつけていますね。これは、わざとつけています。

ラス網の理由と同じでこれからもう1度塗るモルタルの食いつきを

良くする為なのです。

CIMG2082.JPG

モルタルを下塗りと上塗り2回に分けて塗り、左官工事完了です。

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930